税務関係情報

税務関係情報

2023-09-14
直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度② NEW!!

前回は上記制度の概要と通常の贈与について説明しました。今回は2023年度税制改正において一部改正がなされた「贈与者死亡時における管理残高の相続税課税」について説明します。

2023-08-15
直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度①

2023年度税制改正において一部改正があった上記の制度について、今回は制度の概要ならびに通常の贈与との違いについて説明します。

2023-07-12
貸倒損失を損金算入するには・・・

売掛金などの金銭債権等が回収不能になった場合、税務上では特定の要件を満たした場合に損金算入が認められることとなっています。その特定の要件について解説します。

2023-06-15
少額減価償却資産の取得価額の損金算入特例等に関する見直し

中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例等ついて制度の見直しがありました。貸付の事業の用に供する少額資産について使用できなくなった制度について解説します。

2023-05-11
高額特定資産の取得の時はご注意を!

消費税の課税事業者が高額特定資産を取得した場合、消費税法の制度の適用が一時的に制限されます。

2023-04-11
賃上げ促進税制の活用をしてみませんか?

税額控除の対象となる「中小企業向け賃上げ促進税制」の要件について解説します。

2023-03-01
放置は厳禁!相続登記が義務化されます

不動産登記法が改正され、2024年4月から不動産(土地・建物)の相続登記が義務化されることになりました。

2023-02-01
生命保険契約に関する権利と相続税評価

相続税の申告をする際に問題となりやすい「生命保険契約に関する権利」について詳しく解説します。

2023-01-11
インボイス制度下でもインボイスの保存が不要な場合とは?

インボイスの交付を受けなくとも、帳簿のみの保存で仕入税額控除が認められる取引とはどんな取引でしょうか?

2022-12-01
相続税はどのような場合にかかるの?

亡くなった人から各相続人等が相続や遺贈などにより取得した財産の価額の合計額が基礎控除額を超える場合、相続税の課税対象となります。

2022-11-04
肥料価格高騰への支援は?

昨今の世界情勢を加味し、国は海外に依存している化学肥料の使用低減と堆肥等の活用に取り組む農業者に対して、肥料価格上昇分の一部を支援し、農業者のコスト増加を緩和することを発表しました。

2022-10-04
安易な債権放棄にはご注意を!

債権放棄とは、債権者が債務者に対し、自己の持つ債権の一部または全部を放棄し、債務者の負担を減らすことです。ちなみに免除を受ける債務者からの視点では、債務免除という言葉になります。